ケンブリッジルール

サッカーのこと

最近のセンターバックに求められているものが多すぎて日本のサラリーマンみたい

センターバックの仕事は泥臭い。

前線の選手たちの華のあるプレーと比較して愚直なプレーをこなしていかないといけない。

ボールを持った優雅なプレーではなくボールを奪う狡猾なプレーが求められる。体を激しくぶつけ合う空中戦。対戦相手との微妙な駆け引き。

センターバックフィールドプレーヤーの中では一際地味なプレーが多い。

そういえば中学も高校も地味なやつがセンターバックだった。

話がそれたけど、つまりなにが言いたいかっていうと

タスク増えましたよね。

2000年ぐらいまでのセンターバックは空中戦の強さと個人守備の強さ、守備陣二対する統率力。一昔前は屈強で大柄であたり負けしない選手が理想とされてきた。

 今は違う。時代が変わったんだ。

今必要なのは

ビルドアップ。

つまりはパススキルとゲームを組み立てる力。

一生懸命ボール獲ってるだけじゃだめな時代になっちゃって大変。

今はビルドアップのところから要求される完全マルチタスク状態。

タックルの後はボランチにパスを出すだけの時代は終わってしまったわけで、タックルした後もがんばらないといけない。そう、それは人手が足りず、どんどん上から仕事が降り掛かってくる世の中のサラリーマンと同じ状態。

忙しい。せわしない。

ガタイはいいけどボールの扱いが下手なやつがやらせてもらえるポジションだったのに。数少ない居場所だったのにそれだけじゃだめなんだ。居場所はなくなってく一方だ。

今、世界のセンターバックは身長は高いけど、一昔前のごりごりマッチョではない。

ボヌッチにしたって、ピケにしたって、フンメルスにしたってビルドアップを求める結果、細マッチョが増えた。

技術の要求水準があがってしまった。

それは日本のサラリーマンも同じで、コミュニケーション能力に対する要求のあがり方はまるでセンターバックと同じ。

何だか苦しい。サラリーマンもセンターバックも要求水準があがってしまって苦しい。ここをクリアできない人はどんどん淘汰されていく。苦しい。

これが進歩というものなんでしょうか。

ポドルスキに聞いてみたいこと

ポドルスキが神戸移籍決定しましたね

トップレベルにいた選手なので、Jリーグでの試合を経験したあとにいろいろ聞いてみたいことがあります

このチャンスでヨーロッパのトップレベルを経験した方から率直な意見をきいてリーグ発展につなげていくことがもっとも有用だと思います

誰か聞いてくれないかな

 

Jリーグ全体のレベルは高いのか

ポドルスキブンデスセリエA、プレミアと経験しましたがそれらのリーグと比較してレベルが高いのかどうか印象を聞きたいです

印象がどんなものなのか知りたいですね

 

Jリーグの選手の中にヨーロッパでも通用する選手はいるか

ヨーロッパで活躍できる選手って日本国内で注目されてる選手だけでないと思うんです

日本人の視点で通用するって思ってる人はいますけど、実はヨーロッパの人たちから見たらこういう人は通用するっていう人が一定数いる気がしてるんです

長谷部選手は今うまくいってますけど、移籍当時通用するのかっていう意見はありましたし、柴崎選手はまだ移籍したばからですけど、あんだけうまいうまい言われてる選手でも苦戦してしまうケースってあるんです

そのあたり伺いたいです

 

Jリーグ含め、日本のサッカー界に対して違和感を感じたところ、嫌なところはどういうところか

日本のサッカー界を外の人が見たらどう思うか、改善できるところがあれば改善したほうがいいとおもうので、ポドルスキの移籍は絶好のチャンスだと思います

 

 

大金をはたいてプレーをさせることに対して、自分はあまり賛成しません

どのクラブも大金を投じて優秀な選手を獲得してリーグ全体が華やかになるのであればやってもいいと思うんですが、神戸だけがしているとそれは一過性のもので終わってしまう気がしますし、ずっと日本にはいてくれないから貢献もあまり期待できない気がするんです

失礼ですが、そもそもピークは過ぎた選手ではありますし

結局今回もそうですし、フォルランの時もそうですけど、投資じゃなくて消費として移籍がなされているところに虚しさを感じます

リーグ全体にとってもメリットがあまりない気がしますし、クラブに優勝をもたらしてくれる気がしません

それならポドルスキにかけてきた移籍金や年俸をそのまま育成や普及に充てたほうがよっぽど投資効果が高い気がします

でも移籍してしまったのであればしょうがないので、フィードバックをもらうことに徹するのが一番だと思います

ポドルスキの試合での期待はほどほどにして、活躍してくれればバンザイだし、活躍しなくても意見をとにかくもらう

そっちの方がよっぽど有用だと思うので、ポドルスキにいろいろと聞いてみてほしいです

ところで中国スーパーリーグてどんな感じなの?

前回のエントリーで中国スーパーリーグの移籍の話したんですけど、そもそも中国スーパーリーグのことよくわかってなかったなーって思ったので少し調べてみました

 

まずそもそも知らなかったんですけど、中国スーパーリーグって発足が1994年なんですね

なんかJリーグ意識してきっとプロ化したのかなーって思わせる年ですね

 

それと、調べて初めて知ったんですけど、クラブ名に親会社の名前が入っていて、やっぱりバックアップしてるのは企業なんだなってことがわかりました

広州恒大とか恒大グループって企業名がバリバリはいってたんですね

ほかのクラブもそうでした

やっぱり現状はそうやって企業が支えているってことですね

クラブ数は現在15クラブで案外国の規模からしたらコンパクトで海側の都市のクラブに集中してます

企業はどうしても海側の都市に集中して、経済力もあるので、クラブも海側に集中しているということでしょうか

サッカークラブは経済力とどうしても関連してしまうところがありますからね

なんかもっといろんなこと調べたいんですが、情報源が足りなすぎて困りました

もっといろいろ知りたいし、実際に観戦にも行ってみたいです

 

冬の移籍マーケットの変化

欧州サッカーで冬に大物が移籍するケースが減ってきました

ファイナンシャルフェアプレーの関係で収入以上の支出が許されないために派手な金銭のやりとりが減ったからでしょうけど、夏に玉突きで移籍するケースが増えたためか、冬の移籍は控え気味なのがトレンドなんでしょうね

この流れの中で面白いと思ったのが、中国が余剰戦力の受け皿になっていることです

アトレティコにいたジャクソン・マルティネスが中国に移籍しましたが、アトレティコで結果が出せないマルティネスに対して広州恒大が大金のオファーを出しましたが、ピリッとしない結果であれば大金を積まれた時点で放出しまうという判断は納得がいきます

チェルシーにいたオスカルも少なからず結果は出してましたが、オスカルがいなくても良い結果が出せると踏んでチェルシーは移籍させたのでしょう

言い方が悪いですが、中国で大金に換金してしまう流れは今後もトレンドとして続きそうですね

大金で選手が動いてしまうことに対して、別に悪い印象は持ちませんが、これからの中国スーパーリーグがどう発展していくのかという移籍以外のところにも注目したいところです

 

V・ファーレン長崎見てきました

Jリーグ開幕しました

運良く長崎にいたので、V・ファーレン長崎の試合を見てきました

 


f:id:sanmames:20170301205806j:image

意外と大きいスタジアムでおどろきました

トランスコスモススタジアム長崎です

収容人数二万人で結構大きめです

きれいでしたし

トランスコスモスネーミングライツ持ってるのはバックオフィス業務が長崎にあるからなんですね

いいスタジアムできれいなんですけど、諫早市っていう長崎市の隣にあるスタジアムで長崎市の中心地からは離れているんです

ただ、スタジアムは国道沿いにあって、駐車場へも国道からすぐに入庫できてめちゃいあです

国道挟んで向かい側にはGUとセカンドストリートがあったので、諫早市はベッドタウンとかなんですかね?


f:id:sanmames:20170301211530j:image

陸上トラックがあったんですけど、結構近くで見れた気がします

 

いいか悪いか別として観客もスタジアムのキャパの割には少ないので、のびのびと試合が見れて良かったです

 

東京に住んでいるのですが、長崎のような離れた土地で試合を見て、Jリーグって全国にあるんだなって、ここまでプロリーグが全国に浸透しているっていうことはすごいことなんじゃないかって感じました

 

サッカーで地域貢献するということ

地域貢献ってお互いに持ちつ持たれつの関係を築いていくこと、ウィンウィンの関係を築いていくことなんじゃないかなと私は思うんですけど、クラブが地域におんぶにだっこで貢献するどころか、助けてもらっていたりします。

また、サッカーを通じて地域貢献するということはサッカーによる恩恵をなにか提供することだと思うんですけど、サッカーの試合を開催して、ちょこちょこサッカー教室開いてはい、貢献みたいな形で終わらせてしまうのはちょっと違うと思うんです。

もっと踏み込んだ形で取り組んでいかないと地域貢献をしたことにならないと思います。

きっかけはヴァスコ・ダ・ガマ

昨日に引き続いてブラジルの話。

ブラジルでサッカークラブが次第にできてきたときに、白人中心のサッカークラブだと奴隷制が廃止された後でも、黒人選手は地位が低くて、クラブでプレーができなかったんですけど、黒人選手を初めて受け入れて始めたのが、名門のヴァスコ・ダ・ガマで、黒人選手を受け入れるっていうのは当時有り得ないし風当たりも強かったんですけど、黒人選手を受け入れた後、ヴァスコ・ダ・ガマはリーグ優勝を果たします。

それがきっかけで黒人選手の地位が向上することになっていきます。

向上してさらにガリンシャやペレなどブラジルの名選手が黒人から誕生するようになっていっていきました。

身体的な能力の差もありますが、ブラジルで他の国よりも先んじて、サッカーでの黒人の地位が高い状況にあったのは、ヴァスコ・ダ・ガマガリンシャ、ペレなどの存在が大きかったからだと言えます。