ケンブリッジルール

サッカーのこと

うまい奴を最前線でプレーさせた方がよくないですか。

日本代表って中盤の選手層が厚いと思うんですけど、なんでそうなるのかって考えたときに、周りの子供たちの中でうまい奴だから中盤を任されてきたからなんだと思うんですね。

で、このうまい奴を中盤に回す理論は日本全国の少年チームで起きてる現象なんだろうなと。
一番ボールが回ってくるところに一番ボールの扱いがうまい選手を配置する。
試合の流れが良くなる。
だから中盤にボールの扱いがうまい選手を配置してるのかなって思うんです。
 
ボールの扱いにかんしてはドリブルもパスもできるのはわかるんですけど、ボールの扱いがうまい人にはもっと難しい仕事をさせた方がいいんじゃないでしょうか。
 
具体的に言うと、もっとドリブル突破に専念させて、なおかつシュートを放つことに専念させる。
 
パスは下手な選手でもなんとかできますが、ドリブルとシュートだけはどうしてもセンスとか才能が必要な部分があるからです。
 
もちろんボールの扱いがうまい選手がパス回した方が上手いんですけどね。
 
パスを回すってことは「チャンスを演出する」ってことをしてます。
 
でもドリブルは「より確率の高いチャンスを生み出し」ていますし、シュートは「得点を生み出す」わけです。
 
結局どんなにパスをだすことに成功してもドリブルとシュートの可能性が増えなければ、まったく話にならないわけで、技術力を持っている、可能性を増やすことができる人がなるべく最前線にいる方がいいんじゃないですか。