ケンブリッジルール

サッカーのこと

スタジアムには屋根があったほうがいいってことがよくわかりした

スタジアムにはやっぱり屋根があったほうがいいといろんなスタジアムを回ってみて感じました。

当たり前ですけど、まず、屋根があると雨がしのげます。当たり前ですけど、全部のスタジアムができているわけではなくて、雨にさらされながら応援している人もいるわけです。霧雨とか降るぐらいなら屋根があれば快適に試合を観戦できます。

それと風が防げます。寒い日の風って徐々に体温を奪っていくんですよね。
昼暖かい日に夜から試合があると、薄着でスタジアム行っちゃったりして、寒さで試合に集中できなかったりします。

上二つはは普通だと思うんですけど、自分が絶対に屋根があったほうがいいと感じたのは、応援が反響する事です。
屋根がないとバックスタンドのサポーターの声援がスタジアムにあまり響かないですが、屋根があるとスタジアム全体に響きわたるんです。
近くで聞いていると耳がジンジンするぐらいの大きさになります。
声援が大きいほうが迫力があって盛り上がりますし、気持ちが高ぶります。
選手の士気も高まるはずです。

屋根の維持ってめんどくさそうですけど、かなりのメリットじゃないでしょうか。