読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンブリッジルール

サッカーのこと

きっかけはヴァスコ・ダ・ガマ

昨日に引き続いてブラジルの話。

ブラジルでサッカークラブが次第にできてきたときに、白人中心のサッカークラブだと奴隷制が廃止された後でも、黒人選手は地位が低くて、クラブでプレーができなかったんですけど、黒人選手を初めて受け入れて始めたのが、名門のヴァスコ・ダ・ガマで、黒人選手を受け入れるっていうのは当時有り得ないし風当たりも強かったんですけど、黒人選手を受け入れた後、ヴァスコ・ダ・ガマはリーグ優勝を果たします。

それがきっかけで黒人選手の地位が向上することになっていきます。

向上してさらにガリンシャやペレなどブラジルの名選手が黒人から誕生するようになっていっていきました。

身体的な能力の差もありますが、ブラジルで他の国よりも先んじて、サッカーでの黒人の地位が高い状況にあったのは、ヴァスコ・ダ・ガマガリンシャ、ペレなどの存在が大きかったからだと言えます。